OSS活動‎ > ‎

CentOS6.xでUnboundのrpmを作る

環境:CentOS6.3 (x86_64)
Unboundバージョン:1.4.20
  1. unboundのtarballを入手(説明割愛)
  2. 環境を整える
    1. EPELのインストール(説明割愛)
    2. 依存パッケージのインストール
      # yum install openssl-devel flex libevent-devel rpm-build gcc expect ldns-devel expat-devel
  3. /root/rpmbuild/SOURCES/ にtarballをコピー
  4. tarballの展開
    1. # cd /root/rpmbuild/SOURCES/
    2. # tar xzf unbound-1.4.20.tar.gz
  5. 権限を設定
    1. # chown -R root:root ./unbound-1.4.20
  6. Specファイルの編集 Part.1
    1. perl -pi -e 's/^Version:.*/Version: 1.4.20/' unbound-1.4.20/contrib/unbound.spec
    2. perl -pi -e 's/^%configure (.*)/%configure $1 --with-libevent/' unbound-1.4.20/contrib/unbound.spec
  7. Spec ファイルの編集 Part. 2
    1. #vim unbound-1.4.20/contrib/unbound.spec
    2. %confibureの所に以下を追加
      1. --disable-gost 
      2. --disable-ecdsa
  8. rpmbuildでコンパイル
    1. rpmbuild -ba unbound-1.4.20/contrib/unbound.spec
そうすると、「/root/rpmbuild/RPMS/x86_64/unbound-1.4.20-1.el6.x86_64.rpm」ができるのでインストールテストしてみるがよろし。
簡単でしょう?
Comments