ガジェット‎ > ‎

iijmioを使ってみた

SIMフリー携帯を手に入れたり、PSVitaなんかを手に入れたりしてみたので、何かこう普通の電話とは違う低価格なモバイル通信環境をゲットしてみようという企画により、AEON SIMとかIIJ mioという仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、Mobile Virtual Network Operator, MVNOというもの試してみる事にしました。
ちょっとここで代表的なMVNOの比較表を作ってみようと思う。この比較表は一番安い料金プランの比較表なので、各社速度やサービス

 MVNO月額  速度 音声 SIM その他
 b-mobile 従量制 1GB 30日 
3100円
下:14Mbps
上:5.7Mbps
 無しSIM
MicroSIM
 
 AEON SIM 定額 980円下:100Kbps
上:100Kbps
無し SIM  オプションで音声通話も可
 IIJ mio定額 945円 下:128Kbps
上:128Kbps 
無し SIM
MicroSIM 
クーポン購入により高速可できる 

こんな所だろうか。いろいろ検討した結果。1年縛りとかもない IIJ mio を契約して試してみる事にしました。期間は半年。いろいろ試してみようと思います。

Lumia 710に入れる夢を見た

Nokia のWindows Phone 7端末(WP7.5)Lumia 710 はSIMフリー携帯なので、当然IIJ mioのSIMでも使用できると思っていたら、そんな夢を見ました。

結論から言うと使えます。データ通信はできて128Kbpsの割にはかなり体感としては早い感じがします。
しかし、使えるんですが多少弊害があります。

アンテナピクトについて

アンテナピクトってのはあのよく「バリ3」とか「バリ5」とか表現されるアンテナがどれだけ立っているかっていう表示の事ですが、IIJ mio のSIMは音声通話に対応していないせいか、アンテナピクトがずっと圏外になっています。これがなんで弊害かっていうと、今居る所が圏外なのかどうなのか判断が付きません。あと最大の難点は…
携帯が圏外だと勘違いしてアンテナを最大級探し回るため、
バッテリーの消費が死ぬほど早くなります。
まぁ、なんつーか…。なんでこういう感じなんだろうねぇ。仕方がないのかねぇ…。

Sony PSVitaに入れてみた

私の持っているPSVitaは3G版でして、もともとDoCoMoのSIMが挿してあるモデルなんですが、まずこのPSVita 3G版についているDoCoMoのプリペイドプランの
クソな事
いや、何がクソかって、プリペイドなのに切れたら2週間(14日)以内に更新しないと自動解約されて次ぎ契約するときに2000円以上の手数料がかかるという話で、更に容量、期間と制限があるもんだから全くのプリペイドではないんですね。しかも更新えらい高額なわけでこんなのやってられっかって話です。
IIJ mioはDoCoMoの回線を使ったMVNOなのでそのままAPN設定すりゃ使えるだろうって話で入れてみたら使えました。(公式サイトにも使えるって書いてあったw)
俺の買ったのはmicroSIM版だったのでアダプターを使って入れたんですがまぁ普通に認識しまして普通に使えるわけでして何も言う事ありませんw
とりあえずPSVitaせっかく3G版なわけだし月額945円だしこれで運用しておこうかなーとか思っています。


総合評価

【良いところ】
  • 月額945円で安い
  • 普通のSIMとMicroSIMの両方が選べる
  • 最低使用期間は1ヶ月間でそれ以上の縛りがない
  • AEON SIMよりは快適(ブラウズはSoftbankの普通と同じくらいの体感)
  • PSVitaではアンテナピクトが立つし普通に使える
【悪い所】
  • アンテナピクトが立たない(バッテリーを無駄に消費する)
  • A-GPSが使用できない(携帯もPSVitaも)
  • 言うても128Kbpsだから遅い(しかたないよね)
使える度 ★★☆☆☆


Comments